<ダイヤモンドの産出>

採掘 | 産出量と額 | カテゴリー別生産 | 在庫

採掘


ダイヤモンドの採掘は、インド、ブラジルやガーナなどの奥地で、原住民が川床の砂利を堀り、パンニングと称する方法で大きな平らな椀に砂利を入れ、川の中で洗い流してダイヤモンド原石を探す原始的な方法を除けば、その産出状況に応じて、次の二つの近代的な採掘法に分けられます。


全世界の産出量と 1992 年の産出額


過去7年間のダイヤモンドの産出量と 1992 年の産出額をまとまたものです。
┌────────┬-------┬-------┬-------┬-------┬-------┬-------┬-------─-------─-------┐
│       年│  1986 │  1987 │  1988 │  1989 │  1990 │  1991 │          1992         │
│        ├-------┴-------┴-------┴-------┴-------┴-------┴-------┬-------┬-------┤
│        │                         産出量                           │       │Amount │
│産出国名    │                    単位:1000 Carat                      │$/Carat│ Mn $  │
├────────┼-------┬-------┬-------┬-------┬-------┬-------┬-------┼-------┼-------┤
│オーストラリア │ 29,200│ 30,000│ 35,000│ 37,000│ 36,000│ 36,000│ 40,000│      9│    360│
│ザイール    │ 20,500│ 21,000│ 23,000│ 20,000│ 24,000│ 19,000│ 16,000│     30│    480│
│ボツアナ    │ 13,000│ 13,000│ 15,000│ 15,300│ 17,300│ 16,500│ 15,900│     90│  1,430│
│USSR/CIS│ 12,000│ 12,000│ 12,000│ 12,000│ 15,000│ 13,000│ 11,000│    108│  1,188│
│南アフリカ   │ 10,200│  9,600│  9,000│  9,000│  8,500│  8,200│  9,600│    113│  1,085│
│ナミビア    │  1,000│  1,000│    900│    900│    800│  1,400│  1,600│    290│    464│
│南米      │    850│    850│    850│    900│  1,700│  2,000│  2,000│     75│    150│
│アンゴラ    │    200│    900│  1,000│  1,200│  1,300│  1,300│  2,700│    187│    505│
│シエラレオネ  │    400│    360│    300│    600│    700│    600│    450│    270│    121│
│CAR     │    600│    600│    450│    600│    500│    500│    400│    175│     70│
│ガーナ     │    550│    440│    300│    200│    200│    200│    500│     20│     10│
│ギネア     │      -│      -│      -│    200│    100│    100│    100│    300│     60│
│リベリア    │    300│    350│    350│    300│    300│    100│    100│    100│     10│
│タンザニア   │    300│    150│    130│      -│      -│      -│     90│     85│      8│
│その他     │    500│    450│    400│    400│    400│    300│    500│     50│     25│
├────────┼-------┼-------┼-------┼-------┼-------┼-------┼-------┼-------┼-------┤
│世界全体    │ 89,600│ 90,700│ 98,730│ 98,500│106,700│ 99,300│100,940│    127│  5,966│
└────────┴-------┴-------┴-------┴-------┴-------┴-------┴-------┴-------┴-------┘
各国の原石には品質のばらつきがあるので、1992年の国別の産出額は産出量に各国の平均単価を掛けて算出してあります。 なお、単価は推定平均額です。
日本からは一粒も発見されたことはありません。 日本のような地質条件ではダイヤモンドが岩石の中に含まれることは、まず有り得ないと考えられています。

ダイヤモンドのカテゴリー別生産額


ダイヤモンドの採掘段階での生産物(原石)は三つのカテゴリーに分けられます。
すなはち、宝石用原石、準宝石用原石、工業用原石の三つです。 ここで云う準宝石用というのは品質の悪いダイヤモンドですが、それでも、そのうちの20%程度が宝石として研磨しうるものです。
1992 年の採掘段階でのダイヤモンド生産額は推定で次のようになります。
        ┌──────┬─────┬─────┬───────┐                              
        │      │重さ(%)│価格(%)│総額(百万$)│                              
        ├──────┼─────┼─────┼───────┤                              
        │宝石用原石 │ 15% │ 78% │ 4,836 │                              
        │      │     │     │       │                              
        │準宝石用原石│ 40% │ 20% │ 1,240 │                              
        │      │     │     │       │                              
        │工業用原石 │ 45% │  2% │   124 │                              
        └──────┴─────┴─────┴───────┘                              

原石の在庫は増え続けている


過去に於いては、貿易のためには「バッフアとして適正な在庫が必要である」とされましたが、現在の在庫の状況はこんなことをいっている状況ではなくなってきています。
原石の過剰供給は生産者にしろ、中央販売機構 (CSO) にしろ、財政的な裏付けが必要に なってきています。 こうしてみると、近い将来がバラ色とはいえません。
(注:中央販売機構 (CSO) については
デビアスの項参照のこと)

世界のダイヤモンドの小売り段階の需要は今後3ー4年間、2ー3%の伸びをするでしょう。 他方採掘生産の方は現状を維持したと仮定すると中央販売機構 (CSO) と生産者の 原石の在庫は今後5年間で30ー40億ドル分増加して中央販売機構 (CSO) は 1996 年 には現在の価格にして100億ドルを越える在庫を抱えることになりそうです。 その上、中央販売機構 (CSO) は生産者に少なくともOECD諸国のインフレーション並の価格の値上げをする義務を負っています。

中央販売機構 (CSO) が 1994 年以降毎年15ー20%余計に売れば現状の在庫を維持するだけで済むでしょう。 多分少なくとも何等かの形で値上げすることにより、量を売る穴埋めにするでしょう。
ですから、ダイヤモンドは今がお買い時かも知れません。

カッティング・センターの在庫

近い将来、原石の過剰供給となる可能性をのこしながらも、1993 年は原石の需給関係は 堅調に推移した。
アントワープの銀行の調査によると 1993 年末の主要なカッティング・センターの推定在庫は次の通りです。

                                                   単位:百万ドル
        ┌────┬──────┬──────┬──────┬──────┬──────┐  
        │    │ ボンベイ │テルアビブ │アントワープ│ニューヨーク│  小計  │  
        ├────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┤  
        │研磨済み│   725│   530│ 1,350│   210│ 2,815│  
        ├────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┤  
        │ 原石 │   650│   520│   620│    45│ 1,835│  
        ├────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┤  
        │ 総計 │ 1,375│ 1,050│ 1,970│   255│ 4,650│  
        └────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┘  

上記の数値は取扱い高が増えているにも拘らず、前年に比べてほぼ同一のレベルにあり、 カッティング・センターの在庫量としては決して高くはなく、正当なものといえましょう。  それにしてもアントワープの研磨済みの在庫は突出しています。 この表からもアントワープに 各地から、研磨済みのダイヤモンドが集まってきていることが判ります。


ダイヤモンドの産出の文頭に戻る
次項ダイヤモンドの流れへ