<アントワープとHRD>

アントワープの地位HRD

アントワープの地位


1990年以後、ダイヤモンドはベルギーの輸出の 7% を占めています。 研磨を始めとする 関連産業を含めて考えたとき、ダイヤモンド産業がベルギー経済に占める地位の大きさが 判るでしょう。

アントワープはダイヤモンドの取引量の世界一を誇り、世界で20ある取引所の内の四つ が存在します。また、ダイヤモンド取引を行う上でのインフラストラクチャーが整ってい ることも他のセンターとは比較になりません。 例えば、ダイヤモンド鑑定機関、ダイヤ モンド取引専門の銀行、ダイヤモンド輸送会社、ダイヤモンド研磨用機材の販売店等々。 その上、街ぐるみの警備態勢がダイヤモンド取引の場としての信頼性を高めています。  しかし、ベルギー政府の税制を始めとするダイヤモンド産業に対する優遇措置が現在のア ントワープのダイヤモンド産業を支えていることは疑いありません。 巷では、ベルギー 政府が税制その他でダイヤモンド産業に厳しく対応したならば、アントワープは3カ月と 持たず、大部分の業者が転出し、ダイヤモンド産業は壊滅するだろうなどとも言われてい ます。

しかしながら、何故アントワープにデビアスのサイト・ホルダーが集中し、また、研磨済 みのダイヤモンドが再び集まるなどダイヤモンド産業の中心地として機能しているかとい えば、他のセンターにない良さがあるからでしょう。
それは第一にデビアス社がイスラエルへの過度の集中が危険であることを悟ったこと。  (詳細は前述の
ユダヤ人国家イスラエルとデビアス社を参照願います。) 第二に米国のニューヨークには独占禁止法をはじめとする規制がありダイヤモンドだけを 特別に優遇してもらう訳にはいかないこと。 第三にインドなど他の場所にはインフラが 揃っていないことが挙げられます。

アントワープ市場の特徴の一つは他のセンターが例えばニューヨークは大粒だが規模が小 さいとかインドならメレが中心といった様に比較的特定の種類のダイヤモンドが中心に取 り引きされているのと異なり、世界中からあらゆる種類のダイヤモンドが集まってくるの で、さながら、ダイヤモンドの百貨店のような存在になっていることです。 そして、地 場産業としての研磨技術の高さはダイヤモンドビジネスに携わる専門家の多くが認めてい ます。

アントワープのダイヤモンド市場は重量で世界の原石の約 50% - 85% を扱い、中央販売 機構( CSO )サイトの 45% - 50% がベルギーに割り当てられています。 また、アントワ ープは工業用ダイヤモンドの約 40% を取り扱っています。 世界の多くの研磨済みダイ ヤモンドがアントワープのダイヤモンドオフィスを経由しています。 大ざっぱに言えば、 輸入原石の 85% は再輸出されますし、研磨済みダイヤモンドの約 80% は輸入されたもの といえます。 しかしながら、25年前に 1万 9000 人いたベルギーのダイヤモンド産業 に従事していた人々はイスラエルの台頭と一時期襲ったダイヤモンド価格の暴落やベルギ ーの高い人件費には勝てず、現在 4000 人程度に減ってしまいました。 当時全世界の三 分の一を占めた研磨職人達も現在では 5% 強に減った訳です。 しかしながら、職人の数 は減ったかも知れませんが、機械化の実現によりアントワープの生産性は逆に向上し、 1992 年には世界的な不況のさなかにありながら、約 6.5 - 7.0 億ドルの原石をアントワ ープが吸収しているのです。


HRD


アントワープのダイヤモンドビジネスの上で重要な役割を果たしているのがベルギー国内 の全てのダイヤモンド関連団体を代表し、調整する非営利団体、日本でいう公社にあたる 「ダイヤモンド・ハイ・カウンセル」(HRD)の存在です。 
HRDはベルギー・ダイヤモンド業界の総括団体として公認されており、四つのベルギー ・ダイヤモンド取引所と全ての取引団体および労働組織を代表し、ホスト、スポークスマ ン、そしてロビイストとして活動しています。 

HRDの組織は次の通りです。

これらの活動をつうじアントワープのダイヤモンド業界の地位の向上、健全化に貢献して きました。

アントワープとHRDの文頭に戻る
次項有名なダイヤモンドへ